不動産ニュース / ハウジング

2023/8/31

藤沢にLCCM認定のモデルハウス/三井不レジ他

「Future Co-Creation FINECOURTⅢ」外観

 三井不動産レジデンシャル(株)とFujisawaSST 協議会(代表幹事:パナソニックグループ)は、「Fujisawa サスティナブル・スマートタウン」(神奈川県藤沢市)内にモデルハウス「Future Co-Creation FINECOURTⅢ」を新設した。9月1日より見学を開始する。

 同スマートタウンは、小田急電鉄江ノ島線「本鵠沼」駅徒歩11分に立地しており、総事業面積は19万3,154.81平方メートル。同社は、FujisawaSST 協議会の参画企業として、マスタープラン策定や土地区画整理事業、住宅分譲開発事業に取り組んでいる。

 今回開設したモデルハウスは、木造2階建て、建物面積116.09平方メートル、間取り4LDK。同社初となるLCCM(ライフサイクルカーボンマイナス)住宅認定を取得した。印刷型の太陽光電池「ペロブスカイト太陽電池」やV2H蓄電システム、全館空調熱交換気システムなど、多数のテクノロジーや設備を導入。さらに住まいがオフ(休息)としての場所だけではなくオン(就労)の役割を担うようにボーダーレス化していることから、地域社会との接点を創出する「縁側テラス」や、一室でオンとオフの切り替えや多用途な活用ができる「変幻ルーム」など、屋外・社会との接点を生み出すことを意識したプランニングを実施している。

この記事の用語

モデルハウス・モデルルーム

住宅販売などに当たって展示・PRのために建設された住宅または部屋をいう。住宅建築の受注や分譲住宅の販売のために建てる戸建て住宅が「モデルハウス」、マンション販売の場合などにおいて展示する部屋が「モデルルーム」である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。