不動産ニュース / 開発・分譲

2023/11/27

米国で鉄筋コンクリート・木造ハイブリッドの賃貸住宅

「555 Herndon Parkway」イメージ

 住友林業(株)、東京建物(株)、中央日本土地建物(株)は27日、共同で大型賃貸用集合住宅「555 Herndon Parkway」(米国バージニア州、総戸数400戸)を開発すると発表した。

 米国の大手ディベロッパーFairfield Residential Holdings LLC(Fairfield)との共同開発。建設地はワシントンD.C.中心部から西に約30kmで、2022年11月に開通したライトレールの「Herndon Metrorail」駅を中心に再開発が進み、さらなる利便性の向上が期待されているエリアとなる。半径10km以内に有名企業のオフィスが集積し、今後も底堅い住宅需要が見込めるエリア。
 同物件は最寄り駅まで徒歩3分。敷地に面する幹線道路でワシントン・ダレス国際空港まで最短8分、ワシントンD.C.中心部まで30分でアクセスできる。

 建物は1~3階が鉄筋コンクリート造、4~8階が木造というハイブリッド構造。戸建住宅と同様の2×4材や2×6材の規格品を用いた木造枠組壁工法を採用することで、建物全体を鉄筋コンクリート造とした場合と比べ、コストを抑制。また、一般的に木造建築は建てる時のCO2排出量が少なく、木は吸収したCO2を炭素として内部に固定するため、脱炭素社会の実現に貢献。経済性と環境配慮を両立する。

 賃貸床面積は約3万194平方メートル。24年4月に着工し、26年2月以降は工事完了分により順次賃貸を開始する計画。竣工は27年1月の予定。

 総事業費は約213億円。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。