不動産ニュース / 開発・分譲

2023/11/27

ジャカルタで太陽光搭載の戸建て分譲/住友林業

 住友林業(株)は27日、インドネシア・ジャカルタ近郊ボゴール市で、太陽光パネル標準搭載の戸建分譲住宅151戸を建設・販売すると発表。インドネシアにおける戸建分譲住宅開発の第4弾。

 ボゴール市は、ジャカルタ中心部から南に約40km。家具製造流通会社工場跡地の再開発に伴い、約3.2haの土地に鉄筋コンクリートラーメン造2階建て戸建分譲住宅を開発する。開発主体は、同社グループのPT.Sumitomo Forestry Indonesiaと、現地不動産開発会社PT Olympic Bangun Persadaが、11月に設立した合弁事業会社。

 生活動線や収納スペースを考慮した間取りを提案。深い庇・軒による日射遮蔽、自然通風・植栽を活用した室内や敷地内の温度調整などにより、快適な住環境を創出する。また、今回標準搭載する太陽光パネルによる創エネにより、生活時のCO2排出量を抑制。環境負荷の少ないオートクレーブ気泡コンクリートブロックを採用し、建築時のCO2排出量も抑える。これらの取り組みにより、建築の環境性能を評価する「EDGE認証」の取得も目指す。

 販売開始は2024年8月、着工は同年12月、竣工は25年の予定。

 同じくジャカルタ近郊のデポック市で24年着工予定の戸建分譲住宅にも、太陽光パネルを標準搭載することを決定。脱炭素に向けた取り組みを加速していく。

デポック市の戸建分譲住宅にも太陽光パネルを標準搭載(イメージ)

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。