不動産ニュース / 開発・分譲

2023/11/30

三井不レジリース、賃貸借契約の電子化を開始

 三井不動産レジデンシャルリース(株)は29日、同社の基幹システムを、イタンジ(株)の不動産関連電子契約システム「電子契約くん」と自動連携し、賃貸借契約を電子化すると発表した。

 イタンジが提供する「ITANDI BB+(イタンジビービープラス)」の不動産関連電子契約システム「電子契約くん」を導入。基幹システム上で重要事項説明書、賃貸借契約書などを自動で生成。生成された契約書類PDFが自動連携され、「電子契約くん」上にアップロードされる仕組み。仲介会社による重要事項説明の実施後は、入居者へ「電子契約くん」から契約書類が送付され、入居者は、PDFの契約書類を確認し合意ボタンを押すだけで、オンライン上で署名が完了する。

 「電子契約くん」上での契約完了後は、署名済みの契約書類が同社の基幹システムに連携され、自動的に保管される。同社が別途入居者専用に提供している「マイページ」から、入居者は契約書類以外の配布書類を閲覧することが可能となる。これにより、契約書類の郵送や顧客の来店が不要となり、審査完了後即日に賃貸借契約を締結することができる。

 「電子契約くん」を導入することで、既存の契約関連書類のペーパーレス化と併せて年間最大約54万枚の紙の削減を見込む。

三井不動産レジデンシャルリース(株)で開始する賃貸借契約の電子化の仕組み

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

書面の電子化

書面が必要とされている手続き等について、電磁的な方法による手続き等を認め、書面化を不要にすること。「デジタル社会の形成を図るための関係法律の整備に関する法律」(2021年制定)によって措置された。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。