不動産ニュース / その他

2023/12/15

北海道ニセコのスキー場で第2弾NFTを販売

スキー場「ニセコ東急グラン・ヒラフ」

 東急不動産(株)、KDDI(株)、(株)HashPortは15日、スマートリゾートを推進するスキー場「ニセコ東急グラン・ヒラフ」(北海道倶知安町)にて、地域で人気のバーやコンドミニアム等をRWA(現実資産)化したNFTの販売を開始した。

 同取り組みは、2022年度実証実験として販売した、スキー場のアーリーエントリー権が付与されたNFT「ニセコパウダートークン」に続く第2弾。今回販売する「Niseco Powder Token2.0」は、アーリーエントリー権に加えて、施設内のレストラン「キングベル」の優先座席利用券、地元カクテルバー「TOSHIRO’S BAR」座席予約券、コンドミニアムホテル「綾ニセコ」宿泊予約券を付与。訪問客の一連の利用体験をNFT化することで、新たな体験を創出していく。

 販売に当たっては、HashPortの子会社HashPaletteが提供する「PLT Place」、KDDIが提供する「aU market」でも取り扱うことで、前回よりも幅広いユーザーに訴求する。販売価格は、スキー場のアーリーエントリー権で、利用期間23年12月~24年2月25日、1NFTにつき1人、販売枠774枠のプランで5,000円(または6,000円)。利用期間終了後もNFTを保有している顧客に対して、24~25年シーズンにおけるスキー場の運営を絡めた特別な特典付与も予定する。

 同取り組みを通じて、NFT利用期間や利用期間終了後にNFTを保有し続ける動機付けと、DAO(分散型自治組織)型運営の課題抽出を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。