不動産ニュース / 開発・分譲

2024/1/30

東京大田区で敷地3,000平方メートル超の分譲マンション

「クレヴィア荏原町GARDEN」外観完成予想CG

 伊藤忠都市開発(株)は30日、現在開発中の新築分譲マンション「クレヴィア荏原町GARDEN」(東京都大田区、総戸数71戸)について、2月3日より、「ギャラリークレヴィア有楽町イトシア」(東京都千代田区)のコンセプトルームを一般公開する。

 同物件は、東急大井町線「荏原町」駅徒歩7分、都営浅草線「馬込」駅徒歩7分、東急大井町線・池上線「旗の台」駅徒歩 13分、標高約30mの高台に位置。「荏原町商店街」や「旗の台東口商店街」も近く、10分圏内にスーパーや病院などもあり、生活利便性の高いエリア。

 敷地面積3,115.84平方メートル、鉄筋コンクリート造地上7階地下1階建て。敷地内にはサークルガーデン(中庭)や自主管理公園を設置し、コリドー(散歩道)も整備。敷地の外周部にも植栽帯を配置する。専有面積は44.32~110.92平方メートル、間取りは1LDK~4LDKで、26タイプを用意。2m超のハイサッシと扁平梁を採用する。

 2023年に10月12日に物件ホームページを開設し、以降3ヵ月半で1,200件を超える問い合わせを獲得している。1月13日に事前案内会を開始した「ギャラリークレヴィア有楽町イトシア」では、新たにLEDビジョンを壁や床に配置したスクリーンルームを用意。すべての販売住戸のプランズやVRモデルルームを実物と同じサイズで投影し、来場者が検討するプランを実寸大で体験できるようにする。

 24年3月上旬の販売開始予定。

サークルガーデン・自主管理公園完成予想CG

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

分譲

土地や建物を分割して譲渡すること。たとえば、「宅地分譲」は広い土地の一部を宅地として売り渡すこと、「分譲マンション」は一棟の建物及びその敷地を複数に区分して売り渡された住戸(区分所有している建物)である。通常、分割した土地や建物の所有権を売買契約によって移転する方法で行なわれる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。