不動産ニュース / IT・情報サービス

2024/2/22

地所G、ChatGPT活用したAI査定サービス

住まいのAI査定サービス(ベータ版)画面イメージ

 三菱地所(株)と三菱地所ハウスネット(株)は22日、ChatGPTを活用した住まいのAI査定サービス(ベータ版)の試験運用を開始したと発表した。

 生成AIにさまざまな内容を学習させることで、住まいの査定金額を提示。所在エリアのマーケット状況、類似物件の売り出し事例など、顧客に役立つ情報を提供する。三菱地所グループの住宅系会員組織「三菱地所のレジデンスクラブ」で一部の会員を対象に提供する。

 顧客は、従来、 不動産会社へ査定依頼をして確認していた住まいの資産価値を、 売却を検討していない段階や検討初期の情報収集の段階でも気軽に 確認できる。ChatGPTの活用により、 営業担当者と会話をする感覚に近い双方向コミュニケーションも可 能。質問等も行なえる。

 将来的にはサービスの機能拡充や、「三菱地所のレジデンスクラブ」非会員も含めたサービス利用対象者の拡大も検討していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。