不動産ニュース / その他

2024/2/26

展示場に再生可能エネルギー電力/パナソニックH

 パナソニック ホームズ(株)は22日、同社およびグループの販売会社が国内で運営する住宅展示場において、再生可能エネルギー100%電力の導入を2月より開始すると発表した。

 導入するのは、国内にある住宅展示場142拠点のうちの118拠点(83%)。購入する再生可能エネルギーは、同社とTGオクトパスエナジー(株)(東京都港区、代表取締役CEO:中村 肇氏)が開発した「新電力プラン」(99拠点)と、「オフサイトPPAモデル」(19拠点)の2種類。

 同社は事業活動で消費する電力の再生可能エネルギー化を加速させるため、今回の住宅展示場にへの導入を皮切りに、工場や事業所(事務所や営業拠点など)にも順次導入していく計画。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

住宅展示場

複数の戸建住宅を実際に建築して展示する場所。複数の住宅メーカーが共同で展示する場合が多く、建築される住宅は、通常、メーカーのブランドモデルとされている住宅である。実際の住宅を比較することができるが、展示されているのは、一般に大型でグレードの高い住宅であることに注意しなければならない。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。