不動産ニュース / その他

2024/5/15

丸の内でB2B特化のアクセラレータープログラム

 三菱地所(株)は14日、米国シリコンバレーをベースとするアクセラレーターであるAlchemist Accelerator LLC(米国カリフォルニア州、CEO:ラビ ベラーニ氏、以下、「アルケミスト社」)とパートナーシップを締結し、日本でスタートアップを対象としたアクセラレーションプログラムを開始すると発表した。

 三菱地所では国内外のスタートアップが集積するまちづくりに取り組んでおり、これまで「EGG」「FINOLAB」「Inspired. Lab」等の事業成長拠点を開設し、スタートアップ・エコシステムの構築を進めてきた。
 今回、アルケミスト社と組み、大手町フィナンシャルシティ内に開設している「Global Business Hub Tokyo」にて、秋からアクセラレーションプログラム「Alchemist Japan」をスタートする。

 アルケミスト社はB2B分野に特化したシードステージのスタートアップを支援するアクセラレーターで、これまで650社以上の企業に投資し、60社以上のEXIT企業(M&AやIPOによる出口を迎えた企業)を輩出している。なお、B2B分野特化型で出資を伴うプログラムの開催は、アジア初上陸となる。

 第1回目として9月から約3ヵ月の予定でプログラムを開催。これに参加するB2Bに特化した日本のチームを募集する。参加企業にはファンドからの投資、コーチング、メンタリング、レクチャーを行なうと共に、国内外のファウンダーネットワークにもアクセスできるようにする。さらに、日本・シリコンバレーのベストマッチングを目指し、両地域のメンター、講師、事業者がサポートを行なう。サンフランシスコで開催される6ヵ月のプログラムへの参加も可能とする。なお、チームへの出資額は1社当たり10万USドル(約1,560万円)の予定。募集開始は6月1日からで、募集者数は9~12。

 記者会見に出席したアルケミスト社CEOのベラーニ氏は、「三菱地所とのパートナーシップにより、日本でプログラムを開始できることを大変うれしく思う。次のユニコーンは東京で誕生すると思っている」と述べた。

「次のユニコーンは東京で誕生すると思っている」と語るアルケミスト社CEOのラビ ベラーニ氏

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。