不動産ニュース / その他

2024/6/11

育児と両立できる支援型店舗オープン/大東建託

 大東建託グループの大東建託リーシング(株)は、育児や介護等により従来の勤務形態での就業継続が困難となる従業員の働き方を支援するため、「両立支援型店舗」の運営を5月から開始した。

 同社では育児や介護といったライフイベントを機に退職する女性社員が多いことが課題として認識されていた。また、不動産業界の人材不足に対応するためにも、既存の枠にとらわれない時代に即した店舗づくりを行ない、従業員の持つ意欲や能力を十分に発揮できる環境を整えるため、両立支援型店舗の導入を決定した。

 2017年にオープンした「いい部屋ネット藤沢店」(神奈川県藤沢市)をリニューアル。従来の営業時間は10時~18時30分までだったところを10時~12時30分、13時30分~16時に変更した。また、定休日を水曜日から土日・祝日に変更。以前は予約不要だったところを完全予約制とした。

 スタッフは「育児と両立しながらでも無理なく仕事を進めることができる」とコメントしている。今後は、介護中の従業員など、勤務対象者を増やしていく予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。