不動産ニュース / イベント・セミナー

2024/6/17

オフィス・物流市場展望テーマにWebセミナー

 (一社)環境不動産普及促進機構(Re-Seed機構)は、第51回セミナー「2024年の不動産市場見通し(オフィスならびに物流の賃貸市場展望)」を7月26日、ウェビナー形式で実施する。

 第1部はシービーアールイー(株)リサーチエグゼクティブディレクター/リサーチヘッドの大久保 寛氏が、「オフィス市場の現状と今後の見通し」をテーマに講演。経済見通しと今後の新規供給計画等を踏まえてオフィス市況を予測する他、今後のオフィスのあり方やニーズについても、直近のテナントアンケート等を基に解説する。

 第2部は、同社リサーチ シニアディレクターの高橋 加寿子 氏が、「変化の時を迎えた物流施設市場の現状と見通し」と題し講演。「2024年問題」や製造業の国内回帰などの物流業界を取り巻く状況を踏まえて、今後のマーケットを展望する。

 時間は15~17時。受講料は1万円。定員50人。詳細はホームページ参照。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

物流施設

貨物の保管・仕分けなどのための施設。物流センター、倉庫などであるが、保管機能だけでなく流通加工の機能を備えたものもある。必要な設備は貨物の性質や施設の用途によってさまざまで、その立地は、輸送方法や用途に応じて選定される。倉庫事業者が施設を建設し、賃貸する方法で運営されている場合が多い

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。