不動産ニュース / 団体・グループ

2001/5/9

C21、世界31都市の住宅価格を国際比較

 センチュリー21国際本部は、恒例となった世界31都市の住宅価格の調査結果を発表した。
 今回の調査は、新家庭を築こうとする若い夫婦を買主と想定。初めて住宅を購入する買主にとって典型的な家の価格を低い順にランキングした。

 ランキング1位となったのはトリニシティ(トリニダード)で62,063ドル。続いて、ソウル(韓国)の62,912ドル、ブリュッセル(ベルギー)の65,458ドル、メキシコシティ(メキシコ)の80,000ドル、モントリオール(カナダ)の80,300ドルとなっている。
 アメリカの都市ではロスアンジェルスが210,000ドル(主要ビジネス街へ通勤20分の136平方メートルのプール付一戸建て)で20位、ニューヨークが250,000ドル(主要ビジネス街へ通勤30分の167平方メートルの戸建住宅)で23位となっている。

 ちなみに東京は233,000ドル(千葉県船橋市の83平方メートルのマンション)で22位だった。

※同調査結果の詳細と主要物件のイメージ写真は、センチュリー21カナダのホームページで公開中(英文・仏文のみ)。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年4月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

12名のアナリストが、各分野における2020年の市場動向を予測します。市場のカギとなる「キーワード」の掲載。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/4/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.367 バルセロナと東京、こんなに違うシェアハウス【スペイン】」配信しました。
今回の舞台はスペイン。同国では、若者だけでなく社会人も、アパートを「シェア」して住むのが当たり前。バルセロナのシェアアパートに住む現地ライターが、実体験を踏まえながら同国の住宅事情を紹介します!