不動産ニュース / 開発・分譲

2002/10/28

大京、「ライオンズマンション大阪スカイタワー」事業概要を発表

「ライオンズマンション大阪スカイタワー」完成イメージ
「ライオンズマンション大阪スカイタワー」完成イメージ

 (株)大京は25日、大阪市西区新町1丁目で建設中の「ライオンズマンション大阪スカイタワー」事業概要を発表した。

 同物件は、敷地面積2,604.95平方メートル、地下1階地上35階建て。高さ約123メートルで、総戸数233戸(住戸232戸、店舗1戸)。タワーマンションのパイオニアとしてこれまでに全国で25棟のタワーマンションを手がけてきた同社にとって、関西圏初となる超高層タワーマンションであり、総事業費85億円をかけたビッグプロジェクトだ。
 「やさしい環境」「安全な暮らし」「快適性の追求」の3つのテーマを持ち、(1)超高層マンションとして日本で初めてオール電化システムを採用、(2)住宅性能評価書付き、(3)耐震・耐火性能に優れた「CFT構造」「制振工法」採用などが特徴。プライバシーを重視した設計で、1フロアあたり2戸~4戸に付き1基のエレベーターを設置、28階の「スカイラウンジ」やキッズルーム、会議室の設置など共用施設も充実している。
 「四ツ橋」「西大橋」「心斎橋」の地下鉄3駅の利用が可能で、若者に人気の「心斎橋」や「南堀江」などの人気スポットへも徒歩圏内。東西に広がる敷地形状を生かして約70%以上の住戸を南向きに配置するなど、敷地条件も整っている。
 第1期販売は、12月11日から登録受付開始、16日抽選会。販売戸数129戸(1LDK~4LDK)、予想販売価格3,000万円台~1億2,600万年台、予想最多価格帯4,100万円。129戸中117戸が住宅金融公庫の都市居住再生融資付の予定。
 記者発表で同社取締役副社長の奥田一氏は、「大阪経済は地盤沈下しているが、本プロジェクトには自信を持っている。大阪近辺だけでなく、中国・四国・九州からのニーズもあると感じている」と語った。竣工は2004年7月12日、入居開始は同月15日の予定。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

“キャッシュレス”のメリットは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/9/5

「月刊不動産流通10月号」好評発売中!

「月刊不動産流通2021年10月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

特集は『不動産営業の「エージェント制」』。多様な働き方の実現等を背景に、日本においても「エージェント制」が徐々に普及しています。今回は、「エージェント制」を導入している不動産事業者に、導入の経緯や効果、エージェントの現状等を取材しました。
解説『キャッシュレス決済 今さら聞けないメリット・デメリット』は、連載コーナー「不動産事業者と地域金融機関のWin-Winな関係にむけて」の執筆者である沼津信用金庫参与の佐々木城夛氏にご解説いただきました。