不動産ニュース / その他

2003/2/17

東京カンテイ、「土壌汚染リスク診断システム」を開発

 (株)東京カンテイは17日、アジア航測(株)(東京都新宿区、代表取締役:関野 旭氏)との営業協力および業務提携により、土壌汚染対策リスクを診断する新システムを共同開発したと発表。

 同システムは、アジア航測から提供を受けた、土壌汚染の可能性診断に必要な土地の利用履歴や航空写真などを、同社のオンラインシステムから配信するというもの。利用者は、取引を希望する土地に過去約30年間、何が建設されていたのかを、100メートル四方ごとにインターネットで検索。選択された対象地を中心とする100メートル四方の地歴データを分析した「土壌汚染リスクシート」、および1974年以降5年ごとの地歴を表示した「土地利用履歴シート(5枚組)」をオンラインで入手することができる。
 なお、同システムは、「土壌汚染の可能性」を診断するものであるため、検索結果をもとに、アジア航測による詳細調査(別料金)を実施するスキームも組んでいる。
 予定価格は、「土壌汚染リスクシート」が3,500円、「土地利用履歴シート」が5枚1組で2,000円。首都圏(1都3県)、大阪府全域、兵庫県の一部(12市2町)を対象に、3月中旬よりサービス提供をスタートさせ、今夏をめどに名古屋市など中部圏に対象エリアを拡大していく方針。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/7

「記者の目」更新しました!

沿線の“地域愛”を醸成する」配信しました。
少子高齢化や人口減少が進む中、電鉄系会社では沿線地域の魅力を積極的に発信し、顧客をまちに定着させることが重要となってきます。独自性のある広告展開でそれに挑む、小田急不動産(株)の取り組みを取材しました。