不動産ニュース / その他

2006/10/27

低価格のセキュリティカメラ設置サービスを開始へ/ヒーローライフC

 FCシステムにより、オリジナル工法の賃貸マンション「ヒーローマンション」を全国展開する(株)ヒーローライフカンパニー(東京都港区、代表取締役:日崎哲仁氏)は、ヒーローマンションにセキュリティカメラを設置するサービスを、11月1日よりスタートする。

 同サービスは、昨今急増している地域犯罪への不安を解消するために、ヒーローマンションの入り口部分にセキュリティカメラを設置、その映像を、同社が従来より提供している光インターネットサービス「イージスネットワーク」を通じ、同社のデータセンター内のサーバーに7日間保存するというもの。
 セキュリティカメラなどの防犯装置は、大型マンションではほぼ導入されているものの、中小規模のマンションではコスト面からほとんど導入が進んでいないが、同社で提供する光インターネットサービスを活用することにより、中小規模マンションにもセキュリティカメラを設置できるようにした。

 利用料金は、運用・保守サービス料として月額7,875円(税込)。カメラ本体や赤外線センサー、接続ケーブルなどの提供機器や導入にかかる初期費用は無料。
 今後建築が予定されているヒーローマンションだけでなく、既存のヒーローマンションにも導入が可能。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。