不動産ニュース / 開発・分譲

2007/9/26

新業態の複合商業施設「BIG HOPガーデンモール印西」オープン/ミキシング

複合商業施設「BIG HOPガーデンモール印西」外観
複合商業施設「BIG HOPガーデンモール印西」外観
(株)ミキシング代表取締役・佐藤美樹氏
(株)ミキシング代表取締役・佐藤美樹氏

 (株)ミキシング(大阪市淀川区、代表取締役:佐藤美樹氏)は25日、千葉県印西市において開発の複合商業施設「BIG HOP(ビッグホップ)ガーデンモール印西」の28日オープンに先立ち、記者発表会を開催した。

 同施設は、北総鉄道北総線「印西牧の原」駅前にあり、2010年には、成田空港まで鉄道が延伸される予定の、発展性のあるエリアに位置する。商圏は半径15km~20km、車で30~40分圏内としている。人口は少ないものの、10km圏超付近から、船橋市や柏市など、成熟した人口集積都市があり、幹線道路に面し、広域集客が可能な恵まれた交通環境となっている。

 地上2階一部1階建て、敷地面積約15万7,000平方メートル、延床面積約6万6,000平方メートルで、外観は単調な印象を避け、いくつかのブロックに分節して見えるように色彩を分割。施設内には、最高高50.8mの観覧車を設け、ランドマークとなることをめざした。
 ファッション、カルチャー、エンターテイメントなど、7つの大きなゾーンに分け、約140店舗が出店。ファミリーやカップルをはじめ、子供からお年寄りまで楽しめるテナント構成を行なった。

 同社代表取締役・佐藤美樹氏は会見で「従来とは少し趣向を変えて、買うことが1番の目的ではない、ショッピングセンターをめざしました。子供からお年寄りまで、ゆっくりと楽しみながら立ち寄ってもらえるような、コミュニケーション型の施設となった」などと話した。

 年間売上目標は240億円、年間来場者目標は600万人をめざしている。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年3月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/2/12

「記者の目」更新しました

団地空室を惣菜店に。入居者参加型で改修」を更新しました。
人口減少や少子高齢化などで賃貸住宅の空室率が高まる中、住宅のバリューアップなどに各社が取り組んでいます。今回は、大阪府住宅公社が団地内の空き住戸を「惣菜店」へ転用した事例を紹介。買い物に行くのが大変な高齢者のニーズに対応しただけでなく、イートインスペースも設けたことで、コミュニティの活性化にもつながっているそうです。