不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2010/7/8

住宅地、既存マンション価格、12ヵ月ぶりのプラスに/三井不販調査

 三井不動産販売(株)は8日、首都圏(1都3県)の住宅地・既存マンション価格動向を四半期ごとに定点調査する「リハウス・プライスリサーチ」(2010年7月1日時点)を発表した。調査地点は、住宅地216ヵ所、既存マンション307ヵ所。

 10年4~6月の四半期変動率は、住宅地価格の上昇地点が40ヵ所(前回調査:20ヵ所)と倍増し、平均で0.6%(前回調査時:▲0.3%)とプラスに。既存マンションは0.5%(同0.9%)と5期連続のプラス。4期(12ヵ月)ぶりに、住宅地・既存マンションが揃ってプラスとなった。09年7~10年6月の年間変動率は、住宅地が▲0.7%と5期連続で下落率は縮小。既存マンションは2.4%とやや上昇傾向が継続している。

 地域別に四半期価格変動率をみると、住宅地は東京23区0.7%(同0.4%)、東京市部1.5%(同▲0.1%)、千葉県▲0.5%(同0.0%)、埼玉県0.4%(同:▲0.7%)、横浜市・川崎市0.6%(同▲1.2%)、神奈川県・その他の市1.3%(同▲0.9%)。既存マンションは、東京23区0.5%(同0.3%)、東京市部▲0.3%(同2.4%)、千葉県0.5%(同3.4%)、埼玉県 0.4%(同0.5%)、横浜市・川崎市1.1%増(同0.2%)、神奈川県その他の市0.6%(同▲0.8%)。

 今回の結果について、同社は「首都圏全体では横ばい傾向にありながら、上昇ポイント、下落ポイントが混在しており、今後しばらくは横ばい傾向が継続すると予測される」としている。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年12月号
日々の実務に役立つ情報満載です

北海道から沖縄まで、全国11社を取材!そのビジネス手法に迫ります
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/11/11

「記者の目」更新しました

EVなし物件をDIY可で人気物件へ」更新しました!
エレベーターのない物件の上階は、借り手がつきにくいのが賃貸住宅の常識。今回紹介するある物件も、EVがなく、借り手が見つからない状態が長く続いていた。そこで(株)ジェクトワンは、同物件をクリエイター向けの「DIY可」オフィスとして転用することで、見事人気物件へと蘇らせた。