不動産ニュース / その他

2011/4/12

貴重な「祐天桜」の苗木の増殖に成功/住友林業

「祐天桜」の組織培養によって育った苗木を持つ、「祐天寺」住職・巌谷勝正氏(右)と「清岸寺」住職・吉田真空氏(左)。後ろにあるのが樹齢250~300年と伝えられる「祐天桜」
「祐天桜」の組織培養によって育った苗木を持つ、「祐天寺」住職・巌谷勝正氏(右)と「清岸寺」住職・吉田真空氏(左)。後ろにあるのが樹齢250~300年と伝えられる「祐天桜」

 住友林業(株)は、住友林業筑波研究所(茨城県つくば市、所長:梅咲直照氏)と住友林業緑化(株)(東京都中野区、社長:山本泰之氏)と協働し、樹木の増殖技術の開発を行なっているが、この程バイオテクノロジーの一手法である組織培養法を活用し、貴重な「祐天桜」の苗木の増殖に成功したと発表した。

 「祐天桜」は、浄土宗大本山「増上寺」(港区芝公園)の下屋敷内子院八ヶ寺の一寺である「清岸寺」(東京都品川区)にあり、樹齢250~300年と伝えられる桜の古木の通称。「増上寺」第36世で、江戸時代を代表する僧侶「祐天上人」の手植えの桜と伝承されており、東京23区内の桜で最高樹齢、桜としては唯一、品川区の天然記念物に指定されている。

 しかし、樹勢の衰えが目立つようになったため、「清岸寺」および祐天上人を開山と仰ぐ「祐天寺」(東京都目黒区)は、本年が浄土宗の宗祖法然上人の800年大遠忌に、また平成29年が祐天上人の300年御遠忌にあたることから、記念事業として、後継稚樹の増殖を住友林業に依頼したもの。

 組織培養法による増殖は、1つの芽からでも多くの苗の増殖が可能で、無菌の試験管内で増殖を行ない、病虫害による被害の心配がないという。現在は、根が出ている苗木が、45本あり、花が咲くまでは3~4年かかる予定。今後は、増殖した苗のDNAのチェックおよび開花後の花弁調査などを行ない、花や葉などが同じであることを確認していく。

 会見で「祐天寺」住職・巖谷勝正氏は、「祐天上人は、福島県いわき市出身であるため、東日本大震災の被災地を勇気づけるためにも『祐天桜』の苗を、東北のゆかりのあるお寺にお配りしていきたい」と述べた。また、住友林業筑波研究所所長・梅咲直照氏は、「社会貢献の一環として、日本各地にある名木や貴重木の増殖に取り組んでいくとともに、今後は、組織培養した緑化の販売や、培養の難しい針葉樹の研究についても推進していきたい」などと語った。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。