不動産ニュース / 開発・分譲

2013/9/30

渋谷の展示場に提案型モデルハウス、注文住宅事業拡大へ/住友不動産

「青山モデルハウス」外観
「青山モデルハウス」外観
リビングの脇には、全面ガラスの吹き抜け空間「光庭」を設けている
リビングの脇には、全面ガラスの吹き抜け空間「光庭」を設けている
室内とつながっている半外空間のテラス
室内とつながっている半外空間のテラス
庭とテラスにつながっている半外風呂
庭とテラスにつながっている半外風呂

 住友不動産(株)は27日、住宅展示場「TBSハウジング渋谷 東京ホームズコレクション」(東京都渋谷区)内に完成した「青山モデルハウス」を、報道陣に公開した。

 「青山モデルハウス」は、注文住宅事業の拡大に向けて、新しく設けられた提案型モデルハウス。特定の商品イメージは設定せず、幅広い顧客に同社の商品企画力や設計力を訴求する役割を担っている。

 木造ツーバイフォー工法をベースとしながら、外観はコンクリート打ちっぱなしのような個性的でモダンなデザインを採用。室内には、植栽を施した全面ガラスの吹き抜け空間「光庭」や、列柱を介して庭とテラスにつながる半外風呂など、半外空間を多数設けて、屋外にいるような感覚を味わえるようにしている。
 2階は、寝室の前に広いプライベートガーデンを用意。さらに、リゾート感覚でリラックスできるソファーベッドがあるコーナーも設置。屋上のルーフバルコニーは、主寝室に付属し、壁で周囲からの視線を遮り、プライベートコートとしてリラックスできる空間とした。
 延床面積は1階が175.55平方メートル、2階・屋上が100.60平方メートル。価格は、モデルハウス仕様で1億円超。

 見学会で同社製品企画室シニアエンジニアの山田武仁氏は「内部空間にいながら外にいるような感覚が持てるなど、住まいの内側と外側に連続性を持たせた。ホテルや旅館などの非日常の要素を住宅に取り入れて、シンプルな中に高級感を出し、高感度な人々に向けて、都会的なかっこよさを提案している。新たな需要を掘り起こし、さらなる注文住宅の受注拡大を目指したい」などと述べた。

 なお、同社では、営業拠点となるモデルハウスを、13年度は青山のほか、全国各地合わせて20ヵ所に出展する予定。今期中にモデルハウス100棟体制とし、13年度からスタートした第6次中期経営計画の期間中に年間受注棟数3,000棟の達成を目指していく。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。