不動産ニュース / 開発・分譲

2014/8/27

東京・神田の開発プロジェクトのため約44億円を調達/スターツコーポレーション

 スターツコーポレーション(株)は25日、2010年に東京都千代田区に事業者候補として選定された「(仮称)神田東松下町計画民間住宅棟開発事業」の始動に伴い、新株式の発行と株式売り出しによる資金調達を実施すると発表した。

 公募による新株式発行(一般募集)は180万株。引受人の買取引き受けによる売り出しは404万株、オーバーアロットメントによる売り出しは87万株、第三社割当による新株式発行は87万株。調達資金額(手取概算額合計)は上限44億1,819万1,600円。

 調達資金額は神田東松下町の地盤調査費、設計、建築工事代金等に一部充当する予定。共同住宅は一部を分譲マンションとしての販売や賃貸住宅としての入居募集を実施し、スターツプロシード投資法人などに譲渡する予定。

 同再開発プロジェクトは、74年間の定期借地権を活用した、区有地や民間有地を活用した一体開発。中堅所得者層向けにファミリー住宅などを整備する。敷地面積は約3,500平方メートル、延床面積は約3万2,000平方メートル。鉄筋コンクリート造地上25階地下2階建てを計画。2015年4月に着工、18年5月に竣工する予定。総事業費は約110億円。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。