不動産ニュース / IT・情報サービス / 取材

住宅履歴情報蓄積システム、9月6日に稼働/JSHI

 NPO法人日本ホームインスペクターズ協会(理事長:長嶋 修さくら事務所会長、JSHI)は、住宅履歴情報蓄積システム「HIRO(Home Inspector's Recording Operator)を6日に稼働する。

 同システムは、新築、あるいは既存住宅を仲介する事業者が、建物情報や、メンテナンス履歴などの関連情報を登録・保存。それらの情報を、定期点検や中古市場流通時の判断材料として活用していくのが狙い。

 登録されるのは、顧客情報、事業者情報、建築確認関連情報、住宅性能評価、長期優良住宅認定、維持管理計画、各種点検・診断結果、修繕履歴などで、これらをPDFや画像データとして保存・蓄積していく。

 登録・更新は、パスワードが付与された担当者が行ない、ユーザー(建物所有者)は「家のあゆみ」と名付けられたユーザーページが与えられる。同ページでは、所有する建物に関するデータベースが閲覧できるほか、事業者・管理会社、同協会から点検の案内やセミナーの案内などが送付される。事業者や管理会社も、顧客データや施工会社等に関するデータ、修繕履歴が一元管理できる。

 利用できるのは、同協会の会員、会員が所属する法人、住宅所有者。利用料金は、登録データの容量により変動し、年間3,000~8,000円。スタートから半年間は無料で登録を受け付ける。年間3,000円(3GB)の場合、建売住宅であれば20~30件程度のデータが登録できるという。また、会員外でも会員の推薦があれば、年間6,000~1万8,000円で利用できる。

 同システム構築に携わった、同協会理事の田中 歩氏((株)あゆみリアルティーサービス代表取締役)は「建築や不動産業界は、建物に関する履歴がほとんどといっていいほど蓄積されてこなかった。情報があふれかえる中で、中小事業者がどのように情報に付加価値を付けていくか、履歴を持つメリットは何かを考えてシステムを構築した。今後は、このシステムをベースに事業者連携のプラットフォームを構築し、会員同士のビジネス連携や知識の共有、顧客への提供サービスの向上を図っていく」などと抱負を語った。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年8月号 日々の実務に役立つ情報満載です

特集『賃貸仲介・管理“どうする?こんなクレーム”』
入居者のライフスタイルの変化により多様化した クレームを、実際の対応もあわせて 紹介します。


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

平成29年度 不動産コンサルティング技能試験合格コースアットホームスタディ

幅広い試験範囲を効率よく学習!

お知らせ

2017/7/21

「海外トピックス」更新しました

Vol.326 タウンハウスを選ぶ理由(その2) の記事を更新しました。

タウンハウスが最近人気の理由を実際の居住者から探ってみました。

そして、タウンハウスには意外な歴史背景が…