不動産ニュース / 調査・統計データ

2014/12/17

近所の人に醤油を「借りられる」マンション生活者は62%/三井不動産レジデンシャル他

 三井不動産レジデンシャル(株)と三井不動産レジデンシャルサービス(株)は16日、「2020年マンションコミュニティ未来予測」と題したアンケート調査結果を発表した。

 11月26日に開催したシンポジウム参加者を対象に、未来のマンションコミュニティについて調査したもの。回答者は19歳から63歳までの男性119名、女性35名の計154名。

 コンビニなどが近隣にないと仮定して、近所の方に醤油を借りられるか?の問いでは「YES」が65名(62%)。逆に、近所の人から醤油を貸して欲しいと頼まれたら、貸せるか?の問いでは「YES」が100名(96%)となった。隣人から要望される側は、問題なく受け入れるという姿勢がうかがえる結果に。

 また、今よりコミュニティが豊かなマンションに将来住んでいると仮定し、近所の人とどこまでシェアできるか?については、1位が「調味料」131名(58%)となり、以下、「調理器具」103名(47%)、「キッチン」68名(30%)、「ダイニングテーブル」55名(24%)の順であった。

 同じく、20年頃に良好なマンションコミュニティができることによって実現できそうなことについては、「サークル活動」(17名)、「共同ペット」(3名)、「BBQ」(2名)、「スポーツチーム」(2名)など、趣味や娯楽を住民同士で共有できるものについて多くの回答が寄せられた。また「子供・ペットの預かり」(15名)、「見守り」(2名)、「看取り」(1名)といった、助け合いを求める声も見られた。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。