不動産ニュース / その他

2016/12/9

東京・晴海のオフィスタワーを譲渡/IOJ

 インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人(IOJ)は7日、「晴海アイランドトリトンスクエアオフィスタワーZ」(東京都江東区)の信託受益権の譲渡を発表した。

 譲渡予定日は12月16日。譲渡先は国内の特別目的会社であるが、開示に同意を得られなったため非開示。譲渡価格は約101億円。帳簿価格との差額は約91億9,000万円。

 同物件は土地面積3億9,569.53平方メートル、延床面積26万7,132.67平方メートル。鉄骨・鉄筋コンクリート・鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根・ステンレス鋼板葺地上40階地下4階建てのオフィスビル。

 同投資法人の中長期的なポートフォリオの質向上および財務基盤の強化、ひいては投資主価値の向上に寄与するものと判断し譲渡を決定した。

 それに伴い、同投資法人の賃料収入の減少が見込まれることから、代替物件取得のため、合同会社コンドルプロパティが保有する「錦糸町プライムタワー」の不動産信託受益権の取得に係る優先交渉件を行使する。取得予定価格は151億4,500万円。取得予定日は2017年1月20日。

 これにより同投資法人のポートフォリオは13物件、取得価格合計は1,600億5,200万円となる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。