不動産ニュース / 調査・統計データ

2016/12/9

中部圏の大型物流施設市場、今後2年で新規供給15万坪/CBRE調査

 シービーアールイー(株)は8日、「中部圏物流マーケット・アウトルック」を発表。中部圏における大型マルチテナント型物流施設(LMT)のマーケット動向を予測した。愛知県を中心とする同エリアに所在する、延床面積5,000坪以上、原則として複数テナント利用を前提として企画・設計された施設を対象とする。

 同エリアでは、LMTの開発が進まず、2016年第3四半期時点の空室率がゼロ%と逼迫した状況にある。今後2年間の新規供給予定は約15万坪で、16年第3四半期時点のストック面積と同等ながら「潜在需要からみて物流施設の過剰感はない」(同社)と予測している。

 空室率は、供給が集中する17年第2四半期に15%程度まで上昇し、その後が18年にかけて総じて低下傾向が続くと予想。18年第4四半期には9%前後で落ち着くと見込む。

 実質賃料は、14年後半より上昇ペースが加速しており、16年第3四半期時点では1坪当たり3,410円。今後、緩やかながら上昇基調で推移するとしている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。