不動産ニュース / 開発・分譲

2016/12/13

区分マンションリノベが好調。今年度100戸超販売目指す/東急リバブル

リノベーションに向けスケルトンに戻された住戸。横引き管の全交換ののち、二重床・二重天井で間取りをくみ上げていく(現在販売中の「日生住宅目黒マンション」(東京都目黒区)1972年築、専有面積約80平方メートルの3LDK。価格は5
リノベーションに向けスケルトンに戻された住戸。横引き管の全交換ののち、二重床・二重天井で間取りをくみ上げていく(現在販売中の「日生住宅目黒マンション」(東京都目黒区)1972年築、専有面積約80平方メートルの3LDK。価格は5
980万円)
980万円)

 東急リバブル(株)は、「リディアス」ブランドで展開している区分マンションのリノベーション事業を強化する。

 2015年4月に開始した同事業は、同社が仕入れた既存区分マンションをリノベーションして販売するもの。スケルトン状態まで戻して給排水の横引き管の交換、間取りや水回りの一新など、フルリノベーションするのが原則。工期に余裕がある物件はカラーセレクトなども導入する。同社とジャパンホームシールド(株)の合弁会社であるファーストインスペクションサービス(株)が点検・検査、完成後の検査を行ない、東急リバブルが売り主として、2年間のアフターサービス保証を付与する。

 物件仕入れは、同社の仲介店舗と(株)東急コミュニティーの管理員からの情報などがメイン。現在、仕入れから引き渡しまでの期間は80日前後と、当初予定(約150日)よりかなり短期間で実現。解体段階へ販売開始時期を前倒しし、販売物件数を確保している。相続・空き家など、短期間での処分を求めるユーザーや、残置物の処理も同時に依頼したいユーザーなどからの仕入れに加え、室内の劣化が激しくそのままだと売却が難しい物件オーナーへも提案している。

 同事業は、東急沿線を中心とした城南・城西エリアから開始したが、城北・城東・千葉エリアでも引き合いが増えているため、エリアを拡大している。統一ブランド導入前の前年度は70戸を販売しているが、今年度は100戸超を目標に仕入れを強化していく。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

YouTubeチャンネルで独自の動画を投稿! 自社ブランディングや集客で成果を上げる事業者を取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/1/12

「記者の目」更新しました!

『団地リノベ』も新たな生活様式に対応」配信しました。
近年、UR都市機構は、古い団地のリフォーム・リノベーションに力を入れています。今回は、「光が丘パークタウン」(東京都練馬区・板橋区)における、「家事ラク&ワークスペース」をコンセプトにしたリノベについて取材。その内容とは?