不動産ニュース / 団体・グループ

2016/12/15

入会条件に「競売不動産取扱主任者の在籍」求めレベルアップ図る/FKR

カンファレンスの様子
カンファレンスの様子

 (一社)不動産競売流通協会(FKR、代表理事:青山一広氏)は14日、ホテルJALシティ田町東京(東京都港区)でFKRカンファレンス2016を開催。16年の活動報告と17年の活動予定報告などを行なった。

 16年は、5月26~29日に東京ビッグサイト(東京都港区)で開催された「住スタイルTOKYO 2016」の会場内で、同協会初となる「不動産オークション」を開催。今後はインターネットオークション開催も予定している。また、全国6支部を中心に、地域に根付いた活動を強化。会員アンケートの声を生かし、東京・関西で毎月開催していた消費者向けの勉強会を沖縄、北海道、新潟など地方でも初開催した。

 競売不動産取扱主任者資格は、今年第1回目の更新登録時期を迎え、5年前の登録者数321名が現在2,300名まで増加。今後さらなる資格の周知に努めるとした。

 17年は、不動産経験がない新規不動産業者でも加入できるフランチャイズとの差別化を図ることを目的に、同協会への入会条件として「競売不動産取扱主任者の在籍」を必須とし、会員の質を高めていくとした。

 カンファレンスで挨拶した同協会代表理事の青山一広氏は、「今後のビジネスを考えるに当たって、マスコミ報道をうのみにせず、自分のアンテナを広く張り、さまざまな視点から物事の事実・本質を確認することが重要。17年は、投資系不動産は引き続き好調を維持するはず。自身で情報を集め分析し、現状をきちんと認識すればまだまだ発展のチャンスはある」などと述べた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。