不動産ニュース / 開発・分譲

2017/1/24

アパートメントホテルの開発・運営に参入/コスモスイニシア

コスモスイニシアが開発・運営するアパートメントホテルの客室イメージ
コスモスイニシアが開発・運営するアパートメントホテルの客室イメージ

 (株)コスモスイニシアは24日、訪日外国人向けのアパートメントホテルの開発および運営事業への参入を発表した。

 アパートメントホテルとは、1室の面積が40平方メートル程度で、寝室とリビング・ダイニング空間を全室に確保、ミニキッチンと食器・調理器具を備えており、「暮らすように滞在する」ことが可能な宿泊施設。

 同社は、東京・京都・大阪エリアのターミナル駅周辺で「和」を意識したデザインのホテルを提供していく。訪日外国人旅行者の中でも、家族やグループ等、大人数での旅行客をメインターゲットとし、客室数40室程度の小規模なものから取り組んでいく。

 自社による新規開発のほか、既存不動産の再生や地主の土地活用としてホテル事業を提案していく。すでに、東京と京都で6棟のプロジェクト用地を取得。2018年に5棟を開業する予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。