不動産ニュース / 調査・統計データ

2017/2/15

サラリーマンオーナー、家賃収入目標額は月36万円/日本財託調査

 (株)日本財託は14日、サラリーマンオーナーの投資目標に関する意識調査結果を発表した。2016年中に同社から初めて投資用不動産を購入した個人投資家を対象に、アンケート調査を実施。実施日は1月21・22・29日、有効回答数は315。

 目標とする月額の手取り家賃収入額は、平均36万円(中央値30万円)という結果に。将来の年金支給額への不安から、おおよそサラリーマン並みの400万~600万円の年間収入を目指していることが分かった。一方、目標所有戸数は平均6.7戸(同5戸)。中古ワンルーム投資を始めた不動産投資家は、1戸当たり5万~6万円の月額手取り家賃収入を見込んでいる。

 また、何歳までに目標を達成したいか尋ねたところ、平均は55歳となった。60歳を目標とする人が最多だったが、約3分の1の不動産投資家が30~50歳代のうちの目標達成を目指している。同社は、「定年を迎える前に、できるだけ早く資産形成を行ない、将来の収入不安を解消したいという積極志向が浮き彫りになった」としている。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。