不動産ニュース / 政策・制度 / 取材

IT重説、賃貸取引は10月めどに本格運用。法人間売買は社会実験継続/国交省

 国土交通省は13日、「ITを活用した重要事項説明に係る社会実験に関する検証検討会」(座長:中川雅之氏・日本大学経済学部教授)の3回目となる会合を開き、賃貸取引に係るIT重説の今年10月めどの解禁などを盛り込んだとりまとめ(案)を発表した。

 とりまとめ案では、2015年8月~17年1月末まで行なわれた賃貸取引および法人間取引に係るIT重説の社会実験(1,069件)と、消費者および事業者(取引士)への各種アンケートを通じ、賃貸取引については、説明の状況に特段の支障がないこと、目立ったトラブルが発生していないことなどが確認できたとし、「一定の条件の下であれば、ITを活用して重要事項の説明をしても支障がないと認められる」とした。

 今後、宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方を改正し、IT重説を実施する際に遵守すべき事項の明確化や宅建業者への周知を行なったうえで、本格運用に移行することが必要とした。IT重説を円滑に行なえるよう、遵守すべき事項、留意すべき事項、具体的な手順などをまとめた「IT重説マニュアル(仮称)」を作成し、同省ホームページや業界団体等を通じて周知するなどの準備措置が整い次第、今年10月を目途に本格運用を開始する、とした。

 法人間売買取引については、社会実験の実施件数が2件にとどまり充分な検証ができていないことから、社会実験を継続実施。今年8月から1年間かけ実験し、半年ごとに検証していくとした。

 また、個人間売買取引については、賃貸取引の本格運用の実施状況と、法人間売買取引の社会実験の検討結果を踏まえ、社会実験および本格運用について検討会で議論していくとした。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

重説IT化

不動産取引における重要事項説明を、インターネット等を活用して対面以外の方法で行なうこと、またはその方法を導入すること。重要事項説明は、宅地建物取引士が対面で行ない、書面を交付しなければならないとされている(宅地建物取引業法)。

続きはRe-wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年7月号 日々の実務に役立つ情報満載です

新連載「シリーズ・この道ひとすじ」
遺品整理サービスのパイオニアが語る 「人の生き様から学ぶ生き方」もスタート!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

「登録講習」アットホームスタディ

平成29年度 不動産コンサルティング技能試験合格コースアットホームスタディ

幅広い試験範囲を効率よく学習!

お知らせ

2017/6/21

「記者の目」更新しました

「子育て」を乗り切るマンション」の記事を更新しました。

マンション購入後、ライフスタイルや家族構成の変化等に合わせて変えられたら、と思うのは「間取り」や「収納」ではないでしょうか。そんな中、なかなか変更することが難しい間取りや収納を簡単に変えることができるシステムができたそう。今回の記者の目ではそのシステムについてレポート!是非ご覧ください。