不動産ニュース / その他

2017/3/21

神奈川・湯河原で老舗旅館の再生に投資実行、地域活性化へ/REVIC

再生する富士屋旅館の外観
再生する富士屋旅館の外観

 (株)地域経済活性化支援機構(REVIC、東京都千代田区、代表取締役社長:今井信義氏)は21日、ファンド運営子会社であるREVICキャピタル(株)が横浜キャピタル(株)等と設立した「かながわ観光活性化ファンド」が、「富士屋旅館合同会社」に対して投資実行したと発表。投資実行日は15日。

 神奈川県湯河原町の「富士屋旅館」の再生を核とした地域活性化の取り組みの一環で、今回の投資実行は同ファンドにおける第1号案件となる。富士屋旅館は、湯河原温泉郷の中心地に位置する老舗旅館で、建物の一部は明治期に建設された歴史的建造物としても知られる。現在は営業していない。

 今回、ファンドからの投資および、(株)横浜銀行からの協調融資によって建物をリノベーションする計画。新たな運営会社として際コーポレーション(株)(東京都目黒区、代表取締役:中島 武氏)を選定し、2018年4月の営業再開を目指す。

 また今後、富士屋旅館の再生を核として、湯河原の地域活性化の取り組みを行なっていく。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。