不動産ニュース / 開発・分譲

2017/3/22

元長銀ビル、「日比谷パークフロント」に

「日比谷パークフロント」外観完成予想図

 ケネディクス(株)、東急不動産(株)、(株)日本政策投資銀行は、3社の共同事業として建設中の「(仮称)内幸町二丁目プロジェクト」(東京都千代田区)の施設名称を「日比谷パークフロント」に決定した。

 東京メトロ千代田線他「霞ヶ関」駅徒歩3分、都営三田線「内幸町」駅徒歩5分、日比谷公園に近接する元長銀ビルがあった立地。敷地面積6,089.61平方メートル、延床面積約6万7,000平方メートル。鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造地上21階地下4階建て。

 BCP対策を施し、DBJ Green Building 認証制度のプラン認証では「国内トップクラスの卓越した環境・社会への配慮がなされたビル」として認証も受けている。「公園の中のオフィス」をコンセプトに、日比谷公園の眺望だけでなく、建物の中まで公園のような快適さに包まれた働きやすい空間の提供を目指す。

 1階および地下1階には、働く女性をメインターゲットに、カフェや飲食店、コンビニエンスストアが出店する。

 竣工は2017年5月31日の予定。商業ゾーンは6月中旬にオープンする。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。