不動産ニュース / 開発・分譲

2017/3/22

元長銀ビル、「日比谷パークフロント」に

「日比谷パークフロント」外観完成予想図

 ケネディクス(株)、東急不動産(株)、(株)日本政策投資銀行は、3社の共同事業として建設中の「(仮称)内幸町二丁目プロジェクト」(東京都千代田区)の施設名称を「日比谷パークフロント」に決定した。

 東京メトロ千代田線他「霞ヶ関」駅徒歩3分、都営三田線「内幸町」駅徒歩5分、日比谷公園に近接する元長銀ビルがあった立地。敷地面積6,089.61平方メートル、延床面積約6万7,000平方メートル。鉄骨造一部鉄骨鉄筋コンクリート造地上21階地下4階建て。

 BCP対策を施し、DBJ Green Building 認証制度のプラン認証では「国内トップクラスの卓越した環境・社会への配慮がなされたビル」として認証も受けている。「公園の中のオフィス」をコンセプトに、日比谷公園の眺望だけでなく、建物の中まで公園のような快適さに包まれた働きやすい空間の提供を目指す。

 1階および地下1階には、働く女性をメインターゲットに、カフェや飲食店、コンビニエンスストアが出店する。

 竣工は2017年5月31日の予定。商業ゾーンは6月中旬にオープンする。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。