不動産ニュース / 開発・分譲

2017/3/31

東海3県で初の「ららぽーと」着工/三井不

「(仮称)ららぽーと名古屋港明」イメージ

 三井不動産(株)は4月1日、東海3県初の広域集客型ショッピングセンター「(仮称)ららぽーと名古屋港明」(名古屋市港区)を着工する。

 同施設は、名古屋市営地下鉄名港線「港区役所」駅徒歩2分に位置。敷地面積約8万3,200平方メートル、延床面積(店舗棟)約12万4,700平方メートル、鉄骨造地上4階建て一部2階建て。1~3階が店舗で、店舗数は約220店。

 敷地内には約8,000平方メートルの緑地を整備。地域と連携したイベントが開催できる屋外イベントスペースを設けるほか、バス・タクシーの発着場となる交通広場も設置。テナントは、ファッション、雑貨、飲食、エンターテインメント施設など、話題性の高い店舗を揃え、30~40歳代のファミリー層をメインに、幅広い世代のユーザーに対応。敷地南東に建設する立体駐車場は、津波避難ビル指定を受け、防災面での地域貢献を図る。

 また、三井不動産レジデンシャル(株)が、同施設の北側に隣接する大規模複合開発事業「みなとアクルス」内で、分譲マンション開発を行なう。

 開業は2018年秋の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。