不動産ニュース / 開発・分譲

2017/4/7

東京・清澄白河に新タイプのソーシャルアパートメント

カフェとコインランドリーを併設。洗濯中の待ち時間をカフェで過ごすというスタイルを提案していく

 (株)グローバルエージェンツは6日、ソーシャルアパートメント「WORLD NEIGHBORS清澄白河」(東京都江東区、全134室)のグランドオープンに先駆け、メディアを対象に内覧会を開催した。同社が手掛けるソーシャルアパートメントでは36棟目。

 同物件は、東京メトロ半蔵門線・都営大江戸線「清澄白河」駅徒歩13分、東京メトロ東西線「木場」駅徒歩14分に立地。鉄筋コンクリート造地上10階建て。1992年築の企業の社員寮をフルリノベーションしたもので、リノベーション費用は総額2億円。外国人もターゲットに据え、家具付きマンスリー契約も可能な同社の「WORLD NEIGHBORS」ブランドを採用した。

 1階には、フロントカウンターを設けたロビー、キッチン付きのラウンジ、ワーキングスペースを用意。最上階の10階にもバーラウンジなどを設けて、居住者間のコミュニティの場とする。また、1階には地域の住民も利用も可能なカフェ、布団なども洗えるコインランドリーも併設した。今後、カフェなどで協賛している生活関連企業とワークショップなども実施する予定。

 ソーシャルアパートメントの住民は、毎月指定のカードに5,000円補充され、カフェ飲食費用にあてることができる。コインランドリーについては、指定のランドリーバッグに洗濯物を入れ、回収ボックスに入れておけば、翌日までに洗濯・乾燥・たたみまでをして返却する洗濯代行サービスの利用が月2回まで無料。

 各居室の専有面積は約19平方メートル、ミニキッチン付きの1K。8割を家具なし、2割を家具付きの部屋とした。家賃は8万4,000~11万円。最多賃料帯は9万4,000円。管理費は1万3,000円で、各居室の電気代は実費。

 同社代表取締役の山崎 剛氏は「当物件は、護国寺に次ぐ大規模物件。スケールメリットを生かし、カフェとコインランドリーを併設した。今まで、建物の中での住民間交流が主となっていたが、カフェを併設することでまちの人が集まる場となり、住民とまちの人との交流の場にできる。それに加え、ランドリーには待ち時間があり、カフェで待ち時間を過ごすという新しい提案ができるソーシャルアパートメントとなった」と述べた。また、同社の手掛けたソーシャルアパートメントのロビーに初めてフロントカウンターを設けたことについては、「民泊新法を見据えて設置した。この物件を新法施行後の民泊第1号物件としたい」と語った。

 
キッチン付きのラウンジ。キッチンの裏には各住民それぞれが調味料などを保管しておける場所も設けている
 
モデルルーム。全室の8割を家具なし、2割を家具付きとしている

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。