不動産ニュース / ハウジング

2017/4/14

企画住宅で新生活提案/地所ホーム

 「家族を見守るパティオがある家。」

 三菱地所ホーム(株)は13日、全館空調付でZEH標準搭載の木造2×4工法企画住宅「システム設計住宅」に3つのスタイル提案を追加した。

 一次取得者層や二人暮らしのシニア層が、可能な限り予算を抑えた上でこだわりを実現できることがを住宅購入の決め手としている傾向から、限られた予算で都心に注文住宅を持ちたいという顧客に対し、それぞれの家族構成やライフステージにあわせたスタイルを提案した。

 「家族を見守るパティオがある家。」では、広い庭にかわりパティオ(外部空間)を設けることで見守り感のある憩いや遊びの場となり、家族のコミュニケーションを深められる設計とした。モデルプランは27.30坪で、参考価格は2,239万円。

 「眺望と開放感を満喫する家。」では、リビング・ダイニングとつながる大きなバルコニーを設置。休日に家族でにぎやかに過ごせる空間を設けた。モデルプランは32.06坪で、参考価格は2,377万円。

 「ワンフロアスタイルで自由に暮らす家。」では、二人暮らしのシニア世帯を想定。部屋数を減らし、孫等が遊びにきたときはにぎやかに過ごせるよう、エントランスホールを含め、フルに使えるワンフロアスタイルを提案する。モデルプランは27.04坪で、参考価格は2,149万円。

 また、今回の提案を体感できるVR体験ブース「STYLE VISION」を「赤坂ハウジングギャラリー」(13日~)と「千里ホームギャラリー」(22日~)に設置。ブースでは、VRによりモデルプランの中を360度動きまわることができる。

 同社代表取締役社長の加藤博文氏は、「新築注文住宅の市況は二極化してきている。特に都心部においては、土地の価格が高いことから予算の制限も多いが、システム設計住宅でリーズナブルに理想の暮らしを実現してほしい」などと抱負を話している。

VR体験の様子

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。