不動産ニュース / その他

2017/5/15

まちづくり人材を育成/東京建物

 東京建物(株)は、(一社)エコまちフォーラム(東京都中央区、理事長:村上公哉氏)と共同で、「まちづくりリーダー育成プログラム」を29日から開始する。

 同プログラムでは、大学生を中心に、高校生から社会人までを対象として、座学での講義に加え、参加者同士や産・官・学の各方面から招いた講師との情報交換、全体議論、グループ議論を実施。八重洲・日本橋・京橋地区をフィールドとしたワークショップを通じて、課題の解決力や新たなアイディアを創出するプロセスを体験していく。

 会場は、東京スクエアガーデン6階中央区立環境情報センター研修室。時間帯は、平日18~20時。カリキュラムは12月まで全8回を行なう。申込受付は5月10~17日、定員30名、参加費無料。申し込みは、http://tokyo-sg.com/kankyo-stまで。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年12月号 日々の実務に役立つ情報満載です

「全国版空き家・空き地バンク」の運用がスタート!その概要や、モデル事業者2社のサイトを紹介します。

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

お知らせ

2017/11/22

「記者の目」更新しました

「“暮らしが楽しくなる”団地に再生」の記事を更新しました。

神奈川県住宅供給公社が昭和40年代に開発し、近年、半数近くの住宅が空き家となっていた「二宮団地」(神奈川県中郡)。同公社と地域住民が連携し“さとやまライフ”が楽しめる団地をテーマに、再生プロジェクトに取り組んでいます。その取り組みは、団地再生のみならず地域創生にもつながっているのだとか。具体的なプログラムを紹介しています。ぜひご覧ください。