不動産ニュース / 調査・統計データ

2017/5/19

3月末のJREIT資産総額、過去最大に

 東急不動産(株)は19日、「TOREIT四半期報告」(2017年4月)を発表した。JREIT上場全投資法人の開示情報をデータベース化し、四半期ごとに調査・分析しているもの。

 17年3月末時点の投資法人数は58投資法人(前期末比1投資法人増)となった。JREIT資産規模は、物件数3,539物件(同54件増)。総資産額は、取得金額ベースで15兆9,902億円(同5,166億円増)、鑑定評価ベースで17兆4,212億円(同6,085億円増)と、いずれも過去最大となった。

 期中の取得物件数は72件(同1件減)、取得金額は4,706億円(同628億円増)。売却物件数は22件(同9県増)、売却金額は684億円(同198億円増)。取得時鑑定キャップレートは、平均4.6%(同0.1ポイント低下)だった。

 運用時NOI利回りは平均5.0%(同変化なし)と、過去最低水準を維持した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。