不動産ニュース / 団体・グループ

2017/5/31

日管協東京都支部が総会開催

「今年度も皆さまの役に立つ情報提供を行なっていきたい」
と抱負を語る塩見支部長

 (公財)日本賃貸住宅管理協会東京都支部は30日、日本橋三井ホール(東京都中央区)で2017年度支部総会を開き、すでに役員会で決定済みの同年度事業計画、収支予算等を報告した。会員数は、新規入会78社、退会16社で447社と報告された。

 今年度も、昨年度同様「教育研修」「管理実務研究」「業界・市場研究」「企画政策」の4つのグループに分かれ、委員会・研修会・研究会・セミナー等を実施していく。各種研究会やセミナーに、日程や開催場所の都合で参加できない会員のため、都内各地域で「ミニセミナー」を開催するほか、全12回の「宅建士受験スクール」を開講する。7回目の開催となる「JPM夢の学生コンテスト」では、「コミュニティと賃貸住宅」をテーマに、デザイン、作品、エピソードなどを幅広く学生から募集する。また、新規入会獲得目標は60社とした。

 総会の冒頭挨拶した塩見紀昭支部長は「会員の皆さまには、当支部を通じて良き仲間づくり、良きネットワークづくりをしてほしい。まだまだ微力ではあるが、今年度も皆様の役に立つ情報提供を行なっていきたい」などと語った。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。