不動産ニュース / IT・情報サービス

2017/5/31

賃貸住宅をIoT化するサービスを提供

「TATERU kit」のイメージ

 (株)インベスターズクラウドは6月1日、同社の子会社でIoT機器を開発する(株)iApartment(アイアパートメント)の社名を(株)Robot Home(以下、ロボットホーム)に変更、賃貸住宅キット「TATERU kit」の販売を開始する。

 「TATERU kit」は、ロボットホームよりOEM提供を受け販売するIoTサービス。エアコンや室内カメラなど各種IoT機器の操作だけでなく、ロボットコンシェルジュによる水漏れなどのトラブルや退去時の連絡なども可能なタブレット型のセントラルコントローラー、窓からの開閉や揺れを感知した場合にスマートフォンに通知するウインドウセキュリティ、エアコンの温度調整や部屋の明るさをコントロールできるIR(赤外線通信)などを活用し、賃貸住宅のIoT化を図る。

 入居者の生活の利便性と安全性を高め、賃貸経営を行なうオーナーは、「空室状態」「内見状況」の把握や空室時のセキュリティ対策などが可能となる。

 初期費用は1室当たり8万円、月額1,000円。併せて賃貸住宅メーカー、賃貸管理会社へはOEM提供を行ない、販路拡大と不動産業界のIoT活用の促進・活性化を図っていく方針。2018年12月までに同社の「TATERU」物件で1万室の供給を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。