不動産ニュース / 仲介・管理

2017/6/1

三井のリパーク、広島でICT活用の次世代型駐車場

広島市に開設された次世代型駐車場

 三井不動産リアルティ(株)は1日、西日本電信電話(株)、テルウェル東日本(株)と共同で、「三井のリパーク」駐車場に、ICTを活用した「次世代型駐車場」を採用。広島県内に初めて開設した。

 NTTグループが提供するICTサービスを備えた「高機能自動販売機」を設置した駐車場をこれまで全国4拠点に展開してきたが、今回は地域社会へ貢献するため、広島市、呉市、東広島市の賛同を得て、一段と機能を充実させた。

 同駐車場は、「広島」駅と広島東洋カープの本拠地球場の間に位置。大型ディスプレイを設置し、自治体が提供する観光情報などを配信。これにより、観光などを目的に訪れる人に向けた情報発信ステーションとしての役割を担う。また、NTT西日本と広島市、広島広域都市圏内の市町などが共同で整備している無料公衆無線LANアクセスサービスと、NTTグループが提供している多言語翻訳機能を整備、訪日外国人観光客へ駐車場の利用方法を案内が可能となる。地域の特色をモチーフとしたラッピングデザイン自動販売機も設置。さらに、停電時には自動販売機に内蔵されたワイヤー操作により、貯蔵飲料が無償で提供される。一部拠点では、非常食や簡易トイレ、レスキューシートなどの災害対策用品も備蓄している。

 三井不動産リアルティは、駐車場の土地・設備などを提供し、導入サービスの検討・効果などを検証。NTT西日本は、駐車場へのネットワーク回線の提供、自治体との連携に向けた提案などの諸対応と、ICTソリューションの構築・運用実績ノウハウを活かしたサービスを検討する。また、テルウェル東日本は、ICTサービスを組み込んだ「高機能自動販売機」の開発・設置、災害支援サービスの提供を行なう。

 また、今回の駐車場を含めて県内11拠点に「高機能自動販売機」を設置した「次世代型駐車場」を順次展開していく。今後は3社が所有するノウハウを生かし、シェアリングサービスなど、次世代型駐車場の付加価値向上にも取り組んでいく。

左は次世代駐車場のサイネージ、
中央はオリジナルデザインをラッピングした
高機能自動販売機、右は災害時支援型自動販売機

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

IoT(インターネット・オブ・シングス)

Internet of Things。モノが人を介することなく相互に情報をやりとりする概念をいう。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。