不動産ニュース / 調査・統計データ

2033年空き家率30%超に/NRI

 (株)野村総合研究所(NRI)が20日、2017~30年度までの新設住宅着工戸数とリフォーム市場規模予測と、18~33年の空き家数・空き家率の予測を発表した。

 新設住宅着工戸数は、16年度の97万戸から20年度に74万戸、25年度66万戸、30年度55万戸と減少を見込んでいる。利用関係別では、30年度で持家18万戸、分譲11万戸、給与住宅を含む貸家25万戸とした。

 17年度は着工戸数84万戸を見込んでいるが、相続対策の活発化などに伴い貸家の積極供給が継続した場合には92万戸(うち貸家が42万戸)にまで増える見通し。

 広義のリフォーム(住宅着工統計で「新設住宅」に計上される増改築工事と設備等の修繕維持費)の市場規模は、30年まで年間6兆円台で横ばいに推移すると予測。

 空き家数・空き家率については、既存住宅の除却や住宅用途以外への有効活用が進まなければ、33年には空き家2,166万戸、空き家率30.4%にまで上昇する見込みを示した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2017年9月号 日々の実務に役立つ情報満載です

編集部レポート『既存住宅の時代 後編 需要喚起した新サービス』
住宅の「質」の不安を解消し、新築に負けない満足度を実現する不動産会社の取り組み を紹介。


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

宅地建物取引士資格試験合格コースアットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

平成29年度 不動産コンサルティング技能試験合格コースアットホームスタディ

幅広い試験範囲を効率よく学習!

お知らせ

2017/8/9

「記者の目」更新しました

東京・中野に“新しいまち” 」の記事を更新しました。

 

東京都中野区の元々は国家公務員宿舎だった4.4haの土地に“新しいまち”をつくる、「江古田の杜プロジェクト」(江古田三丁目地区)。同プロジェクトでは、同区が抱える「子育て世代の区外転出」や「小児初期救急診療施設の不足」などの課題の解消にも取り組むそう。今回は、具体的な計画についてまとめました。是非ご覧ください。