不動産ニュース / 仲介・管理

2017/6/30

物件検索から店舗問い合わせまでLINEで

顧客遷移フロー

 ハウスコム(株)とトランスコスモス(株)(東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝氏)はこのほど、LINE上で利用できる「マイボックスでお部屋探し」サービスの提供を開始した。

 チャットbotやハウスコム独自のAI(人工知能)を導入したサービス。顧客が普段使用しているLINEのアカウントから簡単な質問に答えるだけで希望条件にマッチする物件の検索ができる。間取りや設備などの詳細情報の問い合わせにも24時間365日自動応答する。

 さらに賃貸管理業者のスタッフに直接LINE上で問い合わせることも可能。部屋の内見予約の調整や見積もりの確認など、契約に至るまでのやりとりをLINE内で完結することができる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。