不動産ニュース / 団体・グループ

2017/7/25

空き家相談士、登録者700名超える

総会の模様

 (一社)全国空き家相談士協会は24日、第3回定時社員総会を開催。2016年度事業報告・決算報告、17年度事業計画案・収支予算案などを承認した。また、新理事3名と一部役員の改選を承認。新役員の互選により、副会長、常務理事等を選任した。

 16年度は、独自資格である「空き家相談士」の認定講座を13回開催し、401名の登録者を輩出した。期中の累計登録者は、670名となった。

 17年度は、組織強化に向け3度目の正会員募集と賛助会員募集を実施。空き家相談士の認知度向上に向け、無料相談会の開催や認定登録者へののぼりの頒布、ウェブ広告等を活用した広報活動に注力していく。

 また、空き家相談士の認定講座は、全国5都市(東京・大阪・愛知・山形・新潟)を中心に開催。受講者400名を目指し、早期に登録者1,100名超えを実現する。

 総会で挨拶した林会長は「協会設立から2年が経ち、7月23日のセミナーも含め、25回を超す認定セミナーを開催し、800名超の空き家相談士を輩出し、このうち700名超が登録を行なった。不動産事業者だけでなく、建築士や弁護士・税理士、地方自治体の職員などさまざまな方々に受講していただいており、全国で空き家問題のスペシャリストとして活躍している。今後は早期に1,000名受講体制を確立したい。会員増強を図り、PR活動を強化し、行政とも連携して空き家相談士制度を普及させていく。認定者のビジネス支援も強化していきたい」などと抱負を述べた。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

空き家・空き地バンク、空き家バンク

空き家・空き地の物件情報が登録され、検索できる情報システム。地方自治体が運営していることが多い。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2019年10月号
日々の実務に役立つ情報満載です

外国人労働者の増加を見据え、既に動き始めた不動産事業者を取材!そのビジネス手法を探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/9/13

「記者の目」更新しました

その『狭さ』に正義はあるか?」更新しました!
シェアハウスでさえ一部屋4畳が当たり前の世の中に、何と「住戸面積5平方メートル」の賃貸マンションを発見…!いったいなぜそこまで狭いのか?居住者はいるのか?部屋の様子は?それらを探るため、さっそく現地に向かいました。