不動産ニュース / 開発・分譲

2017/7/25

日本橋の再開発現場をドローンで撮影

ドローンで撮影した写真データをつなぎ
作成した3Dデータ

 三井不動産(株)は、7月に同社が再開発組合の一員として推進している「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区」において、ドローンの実証実験を行なった。

 ドローンは、同社が設立したCVCファンド「31VENTURUES Global Inovation Fund」を通じて出資しているイスラエルのベンチャー企業「Dronomy Ltd.」(ドロノミー)が開発したものを使用。
 操縦を必要としない完全自立飛行が可能。誤差1cm程度の精度でデータを取得し、3Dデータの作成することもできる。

 実証実験では、工事現場を空撮。施工中の建物の3Dモデルの作成を行なった。取得したデータはクラウド上で管理し、今後は工事の進捗管理・計測・関係者間の情報共有ツールへの活用を検討。各業務の効率化、人件費削減、安全管理の向上等の実現可能性を探る。

 同社ベンチャー共創事業部長の菅原 昌氏は「当社は新産業創出のためにベンチャー企業の支援を行なってきた。今回の実証実験は、ドロノミ―の日本進出に向けた支援の側面もある。同時に、既存の都市開発事業における進捗管理の効率化等に向けたテクノロジーの活用について検討を進める大きなきっかけでもある」とコメントした。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。