不動産ニュース / 開発・分譲

2017/9/22

全117住戸間でのマイクログリッドシステムを構築/パナH

地域内住戸間電力融通のイメージ

 パナホーム(株)は21日、(株)エナリス、興銀リース(株)、兵庫県企業庁と共に、開発中の「スマートシティ潮芦屋『そらしま』」(兵庫県芦屋市)において、D4街区の全117住戸を対象に、10月よりマイクログリッドシステム(地域分散エネルギー制御システム)を導入したまちづくりに着手する。

 同プロジェクトは、対象となる各住戸にパナソニック製の太陽光発電(4.6kW)、蓄電池(11.2kWh)、HEMSを設置。住戸間で電力融通が可能となる自営線敷設により、各住戸の蓄電池をネットワークにつなぎ、双方向での住戸間電力融通を実現する。自営線敷設で一括受電や柔軟な電気料金設定が可能となるため、電気料金も20%削減できるという。さらに、街区全体電力の80%以上を太陽光発電で賄い、非常時に系統電力が遮断された場合でも、特定回路による持続的な給電を可能とし、再生可能エネルギーの最大活用によるCO2削減など環境にも貢献する。8月9日に経済産業省による「平成29年度地域の特性を活かしたエネルギーの地産地消促進事業費補助金」に採択されている。

 なお、「スマートシティ潮芦屋『そらしま』」は、2012年より開発、約400戸の戸建住宅と3棟・全83戸のマンションで構成する。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

スマートグリッド

電力需給を最適化する機能を備えた電力網をいう。供給される電力の質や量は、水力、風力、太陽光、火力、燃料電池など発電形態によって異なり、電力の需要も、動力、照明、熱源など電気機器の性質によってさまざまに異なる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/12/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.387 将来は砂浜が無くなる⁉ 知られざるワイキキのビーチ事情【アメリカ】」配信しました。
ハワイの一大観光地である「ワイキキビーチ」は、人工的に作られた砂浜だとご存知でしょうか? 風光明媚なこのビーチを保全するため、ハワイ州が取り組む「サンドプロジェクト」について、現地ライターが紹介します。