不動産ニュース / 開発・分譲

2017/11/13

横浜の新築MにIoT、AI機器を導入

 横浜市住宅供給公社はこのほど、新築分譲マンション「横浜MIDベースタワーレジデンス」(横浜市西区、総戸数199戸)に、エネルギーデータをリアルタイムで分析するプラットフォームサービス「エネトーク」と、スマートスピーカー「Amazon Echo」、Wi-Fi学習リモコン「スマート家電コントローラ」を全戸に導入すると発表した。

 同公社は、地域課題の解決に向けた持続可能な住宅モデル事業として、高齢者が地域社会において健康でアクティブな生活を送るとともに、医療介護が必要な時には継続的なケアを受けることができる地域づくりを実現することを目的に「横浜MIDベース」を整備しており、同マンションは中核プロジェクト。

 エンコアードジャパン(株)とソフトバンク(株)の協力を得て導入するもの。「エネトーク」は、1秒ごとの細かな電力データから得られた情報を独自のAIで解析し、全体の電力量から主な家電の電力量を推定。効果的な節電アドバイスやエネルギー効率診断、高齢者見守りなどを行なうサービス。「Amazon Echo」は、話しかけるとニュースやスケジュールなどを読み上げるもので、デジタル機器になじみの薄い高齢者へのサポートツールとして期待されている。「スマート家電コントローラ」は、Amazon Echoと接続することで、声でテレビやエアコン、自宅の家電を操作することができる。

 「横浜MIDベースタワーレジデンス」は、横浜市営地下鉄ブルーライン「高島町」駅徒歩3分など。敷地面積約3,732平方メートル、延床面積約2万6,717平方メートル。竣工は2017年12月中旬、入居は19年1月中旬の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年11月号

頻発する災害。そのとき、不動産会社の役割とは!?



<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・知っ得!営業に役立つ建築基礎講座
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/10/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2018年11月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

7月9日を中心に全国各地で観測された「西日本豪雨」。今回は、特に被害の大きかった岡山県、広島県を取材してきました。ご自身も被災されている中、取材に協力してくださった皆さまに大変感謝いたします。近年災害が多く気が滅入りますが、現地の様子や対応が広く広がり、今後の知見として役立てばせめてもの救いになるのではないでしょうか。ぜひ、ご参考ください。