不動産ニュース / 団体・グループ

2017/11/22

富山宅協、創立50周年式典を開催

「地方創生の流れに合わせ、地域社会に積極的に貢献していく」
などと抱負を述べる追分会長

 (公社)石川県宅地建物取引業協会は22日、富山第一ホテル(富山県富山市)で、創立50周年記念式典・祝賀会を開催。富山県知事の石井隆一氏、国土交通省北陸地方整備局局長の小俣 篤氏、(公社)全国宅地建物取引業協会連合会会長の伊藤 博氏などの来賓、同協会役員など約260名が出席した。

 冒頭挨拶に立った同協会会長の追分直樹氏は、「設立以来、宅地建物取引業の適正な運営の確保および発展、地域社会への貢献、消費者利益の保護など数々の事業に取り組み、会員数は375名から657名へと拡大した。われわれの粘り強い働きかけが実り、宅地建物取引主任者から宅地建物取引士への名称変更も実現したが、社会的地位向上により求められる責任も大きくなることから、さらなるコンプライアンス重視に取り組んでいく。地域活性化に向けた空き家・空き店舗の再生、既存住宅流通活性化、住宅セーフティネットの確立など課題は多い。地方創生の流れに合わせ、地域社会に積極的に貢献していく」などと抱負を述べた。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

宅地建物取引業協会(宅建協会)

宅地建物取引業者が設立した業界団体の一つで、都道府県ごとに設立されている。業界団体の設立は本来自由であるが、宅地建物取引業法は、宅地建物取引業の適正な運営の確保と健全な発達を図るため、宅地建物と取引者...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。