不動産ニュース / 仲介・管理

2017/12/7

空室確認から内見、申し込みまで自動化

 スター・マイカ(株)、イタンジ(株)、(株)SQUEEZEは7日、新たな自動内見対応システムの運用をスタートした。

 イタンジがリリースする賃貸不動産事業者用「Cloud ChintAI(クラウドチンタイ)」と、SQUEEZEが日本における独占販売契約を有するインターネット接続のない環境で操作できるBluetooth対応スマートキーボックス「igloohome(イグルーホーム)」との連携により実現した。

 エンドユーザーから内見を希望された仲介会社が、空室確認電話への自動応答システムで空き状況を確認、合わせて内見予約自動化システムで予約すると、その予約をした仲介会社の情報と「igloohome」が自動連動。内見時に仲介会社ごとにワンタイムパスワードが発行され、安全に部屋の開錠・見学をすることができるという。申し込み受付についても自動化システムが用意されているためため、空室確認から申し込みまでの一連のやりとりが自動化される。

 サービスリリースにあたり、スター・マイカグループの管理物件で試験運用を実施。スター・マイカの賃貸管理ノウハウを反映させることで、スマートキーボックスの軽量化や防水性、操作性の改良を進め、初見の仲介会社でもスムーズに登録・内見できるサービスを実現した。

スキーム図

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
新しい住宅トレンドは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/1

「海外トピックス」更新しました!

日常にとけこむ「温室リノベーション物件」【オランダ】」配信しました。
国土の半分以上が耕地であるオランダでは、特に野菜や花の温室栽培が盛ん。一方でまちなかには、老朽化などを機に長年放置されている温室が多く、近年はそうした温室をコミュニティスペースや飲食店として再生する試みが見られます。