不動産ニュース / 仲介・管理

2017/12/25

音楽賃貸の専門コンサルが管理会社にレクチャー

仲介現場でレクチャー
遠藤氏(中央)による仲介営業マンに対するレクチャー

 賃貸管理にコンサルタントを起用した楽器演奏可能賃貸マンション「ムジカーレ東十条」(東京都北区、総戸数19戸)が竣工し、25日に募集を開始した。(株)ハウスメイトパートナーズが管理する。

 同物件はJR「東十条」駅より徒歩4分。建物は鉄筋コンクリート造地上7階地下1階建て。地元企業の社有地活用プロジェクトで、1・2階にはオーナー企業が本社を置く。作業場を社内に置くことや立地が線路沿いであることから、防音性能を高めた。オーナーが音楽を趣味にしていることもあり、入居者の音楽ライフを応援したいという思いから楽器演奏を可能にした。

 防音性能は各住戸内で楽器の練習をしたり、オーディオで音楽を大音量で聴いたりしても、外部にはほとんど音が漏れないほど高い。広めにとった共用廊下や各住戸に大型玄関ドアの採用によって、グランドピアノなどの大型楽器を室内に入れる際もスムーズにできるようにしている。これに加えて、バスルームの追い焚きやグレードの高いキッチンなど、賃貸住宅としての基本スペックも高い。

 この物件の管理を受託したハウスメイトパートナーズでは、コンサルタントとしてM LIFE(株)代表取締役の遠藤 麻生実氏を起用。遠藤氏は音楽大学でホルンを学んだあと、不動産会社で経験を積み、現在は楽器可物件を集めた物件サイトの運営を手掛けている。

 遠藤氏は、賃料設定や入居ルールづくり、仲介営業による案内方法、入居後に入居者から寄せられる困りごと相談対応など、多岐にわたってコンサルを実施。「入居ルールづくりのために防音試験を実施して、演奏可能な楽器を選びました。大型の打楽器は不可でしたが、音の性質上、ご遠慮いただくことが多い低音楽器(コントラバスやチューバなど)も演奏可能となるなど、防音性能の高さが光っています」(遠藤氏)。

 21日にはハウスメイトパートナーズの仲介営業スタッフが遠藤氏の指導で同物件への案内手法を学んだ。「楽器演奏可能な賃貸物件は増えていますが、管理会社としても、専門知識を持たないまま管理するのは不安があります。遠藤氏のコンサルがあるからこそ安心して管理ができるし、適切な入居者に入居していただくことができます」(ハウスメイトパートナーズ営業本部東京営業部課長・谷 尚子氏)。

 専有面積は26.27~42.63平方メートル。間取りは1K~1LDK、19戸に対して13プランを設定するなど幅広いプランを用意。月額賃料(共益費込)は9万8,000円~15万9,000円。

ムジカーレ東十条
線路沿いに建つ「ムジカーレ東十条」外観
ムジカーレ室内
住戸内の基本的なスペックも高い
遠藤
「音楽が好きな人を支援したいというオーナーの思いに共感しました」と語る遠藤氏

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。