不動産ニュース / 政策・制度

2018/1/5

住宅宿泊事業法ガイドラインを策定/国交省

 国土交通省は2017年12月26日、住宅宿泊事業法(2018年6月15日施行)の適正な運営を図るため、「住宅宿泊事業法施行要領(ガイドライン)」を策定した。

 住宅宿泊事業関係では、マンション管理規約に住宅宿泊事業についての定めがない場合の届出添付書類について規定。本人確認の方法や宿泊者名簿についての留意事項のほか、法第18条に基づく制限条例についての基本的な考え方、留意事項等を示した。

 住宅宿泊管理業関係では、業務を適切に実施するために必要な体制や人員体制等を規定。

 住宅宿泊仲介業関係では、住宅宿泊仲介業の登録要件や、無届出物件等の違法サービスのあっせんの禁止に係る考え方等を記載した。

 詳細はホームページ参照。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

民泊

旅行者等が一般の住宅に宿泊すること。この場合に、有償で反復継続して宿泊を提供すれば、宿泊営業に該当し、旅館業法の許可を得なければならない(「簡易宿所営業」「下宿営業」)。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年2月号 日々の実務に役立つ情報満載です
特集:編集部が選ぶ!!不動産業界 2017年のトピックスで、昨年の重要テーマを振り返り!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

ジャンル別セット月刊不動産流通バックナンバー

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

平成30年度宅地建物取引士資格試験合格コース「宅建合格総合講座」アットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

価格: 6万8,040円

お知らせ

2018/1/9

「海外トピックス」更新しました

Vol.337 目の不自由な人々専用の集合住宅 の記事を更新しました。

前回に引き続き、視覚障害者の人々が住む住宅「フリードマン・プレイス」をレポート。

入居者が歩き回りやすいように施されているさまざまな工夫をご紹介します。