不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2018/2/6

管理事業引き続き好調/日神不18年3月期3Q

 日神不動産(株)は5日、2018年3月期第3四半期決算(連結)を発表した。

 当期(17年4月1日~12月31日)は、売上高572億2,400万円(前期比10.7%増)、営業利益41億9,400万円(同12.7%増)、経常利益40億5,300万円(同13.0%増)、当期純利益27億2,900万円(同13.1%減)だった。

 主力の不動産事業は、新築マンション分譲は今期の引渡予定物件が第4四半期に集中していることから前年同期を下回ったものの、不動産証券化事業向け物件の売り上げが増加したため、売上高は188億800万円(同14.3%増)となった。しかし、不動産証券化向けの物件売り上げが増加したことと、販管費の増加により、セグメント利益は2億7,800万円(同62.2%減)と減益。

 建設事業は、多田建設(株)の建設工事が好調で、期初に想定していた原価の上昇が計画を下回ったため、売上高293億8,200万円(同6.0%増)、セグメント利益26億円(同20.5%増)となった。

 不動産管理事業は、賃貸物件の販売の増加により売上高99億400万円(同40.2%増)、セグメント利益は11億7,200万円(同71.4%増)となった。

 通期については、売上高830億円、営業利益61億円、経常利益60億円、当期純利益45億円を見込む。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2018年9月号

「事業承継」についてお悩みではありませんか?今回の編レポをチェック!



<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・知っ得!営業に役立つ建築基礎講座
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

平成30年度 宅建「登録講習」アットホームスタディ

宅建本試験で5問免除!

価格: 1万7,000円

平成30年度宅地建物取引士資格試験合格コース「宅建合格総合講座」アットホームスタディ

試験の出題範囲をしっかり押さえられる!

価格: 6万8,040円

お知らせ

2018/8/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

最新号2018年9月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

今回の編集部レポート「今だから話せる、事業承継」では、事業承継を行なった5社の笑顔あり、涙ありのストーリーを紹介しました。事業を承継する側、される側、双方のコメントも掲載しています。

特集は「不動産業のクラウドファンディング活用術」。小規模な資金調達も行えるほか、宣伝効果もあることから活用事例が増加中です!今回は地場業者の活用事例5つを紹介しました。ぜひ参考にしてください。