不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2018/2/6

管理事業引き続き好調/日神不18年3月期3Q

 日神不動産(株)は5日、2018年3月期第3四半期決算(連結)を発表した。

 当期(17年4月1日~12月31日)は、売上高572億2,400万円(前期比10.7%増)、営業利益41億9,400万円(同12.7%増)、経常利益40億5,300万円(同13.0%増)、当期純利益27億2,900万円(同13.1%減)だった。

 主力の不動産事業は、新築マンション分譲は今期の引渡予定物件が第4四半期に集中していることから前年同期を下回ったものの、不動産証券化事業向け物件の売り上げが増加したため、売上高は188億800万円(同14.3%増)となった。しかし、不動産証券化向けの物件売り上げが増加したことと、販管費の増加により、セグメント利益は2億7,800万円(同62.2%減)と減益。

 建設事業は、多田建設(株)の建設工事が好調で、期初に想定していた原価の上昇が計画を下回ったため、売上高293億8,200万円(同6.0%増)、セグメント利益26億円(同20.5%増)となった。

 不動産管理事業は、賃貸物件の販売の増加により売上高99億400万円(同40.2%増)、セグメント利益は11億7,200万円(同71.4%増)となった。

 通期については、売上高830億円、営業利益61億円、経常利益60億円、当期純利益45億円を見込む。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年2月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/1/10

「記者の目」更新しました

不人気だった学生向け賃貸が満室稼働に!」を更新しました。
今回は、静岡県のソーシャルアパートメントを取材!大学近くに立地するも、空室が埋まらず苦戦していた物件の付加価値を向上するためにリノベした事例です。建物の改装だけでなく、みんなで遊べるサッカーゲームや、わいわい楽しいタコ焼き機を準備するなどユニークな施策も…!